仮想通貨のICOで投資する方法を解説。

ICOとは、新規の事業やプロジェクトの立ち上げに際して、仮想通貨を発行・販売して資金を調達する方法のことです。 Initial Coin Offeringの略で、資金調達をする側としては従来では考えられないほどのスピードで大きな資金を集めることができます。投資をする人にとっては、その通貨の価値が伸びた時に得るリターンが大きいといったメリットがあります。

ICOで投資する方法

ICOで投資する一般的な方法は、下記のとおりです。

  • 事業者がICOする旨を、ウェブサイト等で公開
  • ホワイトペーパー等を読み、投資すべきかどうか決めます。
  • イーサリアムなどを使い、ICOで発行される仮想通貨を購入します。
  • 「プレセール」期間中に買うと、通常よりも安く買えることが多い。
  • セール期間終了後は、特定の取引所等で売買できることがあり

プレセールで買うとお得

事業者は、プロジェクトがあるけれど資金が十分でないので、ICOをします。なので少しでも早く資金が欲しいです。その要請に応えて早く資金を出してくれる人には、有利な内容で仮想通貨を売ってくれます。このことを「プレセール」です。

取引所に上場するかどうか?

セール期間の終了後、その仮想通貨を、取引所で売買できる場合があります。取引所で仮想通貨が売買できるようになることを、上場と言います。上場されるかどうかが、ICO投資をするべきかどうかのポイントになります。

ICOに投資したけれど、取引所に上場されていないと自由に売れません。また、上場されていれば、価格が上昇したので売って利益を確定することができます。

コインによっては大化けする

コインによっては、100万円が10日後には300万円?運が良ければ、2倍、3倍、当たり前です。

もちろん、投機なので、逆も考えられますが、一攫千金を狙えます。

まとめ

ICOは暗号通貨経済におけるIPOのようなもので、IPOはこれまでの証券取引所の新規株式公開です。ICO(Initial Coin Offering)は企業またはプロジェクトが自らのトークンやコイン(従来の金融市場における株式のようなもの)を発行し資金調達を行うプロセスで、ICOとはそのトークンが暗号通貨取引所に上場されることである。

また、ICOはクラウドファウンディングプロジェクトのようなものです。企業を始めるために利用され、購入者はそのプロジェクトをバックアップします。ICOはまだ成長段階であり、新たな参加者にとって市場の反応を予測するためには、よく調査をする必要があります。

ICO仮想通貨の例

verasity仮想通貨jbcoin仮想通貨や、Buying.com仮想通貨

など多くの種類があります。

カテゴリー: ICO

「仮想通貨のICOで投資する方法を解説。」への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です