バイク便は、どのようなときに利用する?賢く利用する方法まとめ。

私が住んでいる神奈川にもバイク便があります。バイク便というサービスがあることを知っていても、実際どのようなときに利用すればいいのかわらない、という人も多いのではないでしょうか。

また、インターネットを使えば容量の大きなデータも即座に相手に送信できる現在では、バイク便の需要は少なくなってきていると思っている人も多くいるのではないでしょうか?

この様な方に、バイク便を賢く利用する方法について、解説します。

バイク便の特性や利用方法を知っていれば、さまざまなケースで便利に使えるのでメリットがあります。

第一に、複数の荷物があっても、1度の配送料金で発送できるので、費用を抑えることができるメリットがあります。

例えば、宅配便の場合、送り主が同じでも、荷物が複数あれば1個1個ごとに配送料を支払わなければいけません。

しかし、バイク便の場合は、バイクのトランクボックスに入る容量内でしたら、荷物がたくさんあっても、原則1回の配送料金で送ることができます。さらに、トランクボックスに入れるだけなので、複数の荷物を一つにまとめるのも楽です。

また、複数の場所に荷物を配送する場合も、バイク便が便利です。

バイク便サービス事業者には、大勢のバイク便ライダーが働いています。複数の荷受人がいる場合は、1人のライダーではなく複数人のライダーが集荷に訪れて、一斉に配送先へと走ってくれます。

インターネットで申し込むと便利

宅配の送り状に自分と相手の住所などを記載する時、手書きで記載するので、複数の配送場所がある場合など、とても手間がかかります。

しかもバイク便を利用する場合は、1秒でも早く荷物を送りたいというケースも多いことと思います。

バイク便なら、インターネットのホームページから受注を受け付けるオンラインサービスを行っている事業者があり、パソコンからホームページにアクセスし、自分と送り先の情報を入力して申し込めば、バイク便のライダーが送り状を持参してくれます。この様に、送り状を書く手間が大きくはぶけ、スピーディーに送ることができます。

定期的に荷物を送る場合にも、バイク便ならコストダウンが履かれます。いつも決まった曜日や決まった時間に送る荷物がある場合は、バイク便のルート配送を利用する様にしましょう。

一般的な宅配便の場合、その日のうちに荷物をとどけるスピード配送は割高になりますが、バイク便のルート配送なら、その日のうちに届ける場合でも料金は割安なのでお得です。

また、宅配便の場合は集荷スタッフに荷物を預けたら、物流拠点の配送センターに送られ、配送スタッフの手を経由し、次の配送センターに送られた後、最後に配達スタッフが送り主に届けるというように、複数の人を経由して荷物が送られるので、配送ミスが起こる可能性があるという様なデメリットがあります。

しかしバイク便の場合は、荷主がバイク便ライダーに渡した荷物が直接、送り先に届けるのでライダー1人しかかかわりません。
なので、マンツーマンでの対応なので、きめ細やかなサービスを受けることが可能です。

このように、バイク便には宅配便にはないメリットが、たくさんあります。

カテゴリー: ICO

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です