ブックメーカーとは?

 

ブックメーカーとは、イギリスが発祥の賭博です。18世紀のイギリスで、ある人物が競馬場で行ったことが最初だと言われています。

 

ブックメーカーは、胴元と呼ばれる企業が開催しているスポーツや行事などの賭けにオッズが決まっていて、賭けた金額とそのオッズの倍率に応じて払戻金が決定するという単純明快なシステムとなっています。

 

例えば、サッカー、テニス、バスケット、ホッケーなどの主要リーグ、ワールドカップやオリンピックや格闘技と幅広いジャンルを取り扱っています。たまに見かけるものが、大統領選や芸能関係の受賞者を賭けることもあります。

 

ブックメーカーのオッズは、基本2種類あります。

 

1.試合前までにかけられるオッズ
2.試合が始まってからかけられるオッズ(ライブベット)

 

試合前までにかけられるオッズは、試合の前にベットが締め切られます。ライブベットは、試合の最中に参加するというもので、スポーツブック独特の面白いオッズです。

 

試合前までにベットできる方法は、日本では競馬や競輪などがそれに当たります。

 

ライブベットはこの通常のベットが締め切られた後、「Live bet」などのリンクが設定されています。
そちらをクリックして専用のページに移動すると、先ほどとは違うベットが表示されています。

 

倍率は、試合の流れによって常に変動します。それにはユーザーは何度でもかけてかまいません。また、変動している倍率でも投下したタイミングのまま合計されていきます。
よって、どのタイミングでいくらどちらにベットするかで結果をコントロールしていくのが投資的ブックメーカーの醍醐味といえます。

更新履歴